はがきと封書(DMや手紙)の違いは?

封書は目上の人に、はがきは親しい相手に、というのが一般的な使い方とされていますが、状況によりそれぞれの特性を理解し、上手に使い分けましょう。

はがき 封書(手紙)
特徴 ・略式の通信状
・文章量が少なくてすむ
・第三者の目に触れる可能性がある
・あまりたくさんの内容が書き込めない
・手軽に書いて投函できる。(官製はがきなら、切手を貼らずにそのまま出すこが可能)
・要件がすぐに相手に伝わる
・正式な儀礼にもとづく内容に用いる
・礼儀正しい印象を与える
・あてた本人以外の目に触れることがない
・便箋の枚数を増やすことが可能なので、沢山の文字を書き込むことができる
・両者にとって封じたり開封したりする手間がかかる
適した使い方 ・第三者に内容を読まれてもかまわない場合
・文字数をそれほど必要としないとき
(例)
・お中元、お歳暮に対するお礼状
・季節の挨拶状
・旅先からの便り
・通知や案内など情報を伝えるのが目的のとき
・第三者に内容を読まれたくない場合
・便箋数枚にわたる文字数が必要なとき
・目上の人に対して、丁寧な文面を心がけたい場合
・冠婚葬祭関係の儀礼的な手紙
・込み入った内容のとき
注意点 ・個人情報(口座番号など)はかかないこと
・相手以外の目にも触れるので、誤解を招く表現に注意
・異性あての手紙(誤解を招かないため。色や模様のついたものを避ける)
・書式のルールに沿ってかくこと
・要件によっては大げさな印象を与える