「自社のオリジナル封筒を作りたい!」
「でも、オリジナル封筒って、何をどこまで指定できるの?」

自社でオリジナルの封筒印刷をお考えのみなさま!
ビジネス用の封筒は、会社のイメージを形作る効果があるため、デザインは非常に重要です。
最近では、業者にデザインをリクエストして、オリジナルの封筒を作ることが一般的になってきました。

しかし、いざどのようなデザインの封筒にするか考えてみると、何をどこまで指定できるのか疑問に思われる方もいらっしゃるのではないかと思います!
そこで、今回は、「オリジナル封筒って、何を指定できるの?」という疑問にお答えしたいと思います!

■紙の種類

封筒に使われる紙の種類を、選ぶことができます。
代表的な紙の種類としては、
・上質紙
・クラフト紙
・和紙
・コート紙
・レイド紙
・光沢紙
などがあります。
他にも、透けにくいタイプの紙や、トレーシングペーパーなど、様々な種類のものがあります。
紙の材質については、実際に手に取ってみるまでわかりません。写真などで判断せずに、実物を見てから判断することをオススメします!

■封筒のサイズ

封筒のサイズを選ぶことができます。
封筒には、角型1号、角型2号というように、サイズの規格があります。しかし、オーダーメイドでの封筒印刷の場合は、この規格と異なるサイズであっても、封筒を作ることができることが多いです。自社の用途に合わせて、サイズをお選びください!

■口のりの種類

封筒に封をするための、口のりの種類を選ぶことができます。
一言で口のりといっても、
・グラシンテープ
・両面テープ
・アラビア
・アドヘヤ
など、いくつかの種類が存在します。
自社の使用頻度や用途に合わせて、お選びください!

■窓の形状

封筒の中身を一部見えるようにする、窓の形状を選ぶことができます。
・グラシン窓
・前面窓
・複数窓
など、様々な形状の窓があります。
窓は、抜き型という道具を使って作るため、業者によっては、数百種類の形状の窓を作ることができる場合もあります。
封筒の用途によっては、窓の形状は非常に重要になってくるため、慎重にデザインを選択してください!

■イラスト

封筒に、イラストを印刷することができます。
このイラストには、カタログなどから選ぶパターン、自社で考えたものを提出するパターン、専門のデザイン業者にイラスト制作を依頼するパターンがあります。
イラストによって、封筒全体の雰囲気が変わりますので、自社の戦略に合わせてデザインを行ってください!

■まとめ

今回は、オリジナル封筒印刷のデザインで指定できること、についてご紹介しました!
印刷業者によっては、今回ご紹介したものの一部ができない可能性もあるので注意してください!
ご自身の会社の戦略に合わせて、魅力的なオリジナル封筒を作ってください!