「自社オリジナルの封筒を作成したいけど、手間暇かかりそう」とお悩みではありませんか?

「自社オリジナルの封筒を作成したいけど、手間暇かかりそう」とお悩みではありませんか?

たしかに、紙質やサイズをすべて一から選んで作るのは難しそうですよね。

しかし弊社なら、なんとたった5分で簡単にお見積りすることができます。

そこで今回は、弊社におけるオーダーメイド封筒印刷の方法をご紹介いたします。

●お見積りまでの流れ

1. 封筒のサイズを選びます。

窓付き加工を含む、20種類の封筒をお選びいただけます。

以下に売れ筋ランキング上位の封筒をご紹介します。

・長3封筒(サイズ120mm×235mm):A4判の横3つ折りが入ります。

・角2封筒(サイズ240mm×332mm):A4判がそのまま入ります。

・洋長3封筒(サイズ235mm×120mm):A4判の縦3つ折りが入ります。

・長4封筒(サイズ90mm×205mm)B5判の横2つ折りが入ります。

2. 色と厚みを選びます。

主に3種類の紙をお選びいただけます。透けないよう、厚い紙もご指定いただけます。

・クラフト紙:一般的な茶封筒の紙です。パルプから作られる丈夫な紙です。

・ケント紙:純白の色調が特徴です。製図や絵画にも用いられます。

・パステル紙:優しい印象を与える、パステルカラーの紙です。

3. フタのりを選びます。

ワンタッチで封をすることができる、フタのり加工をすることが可能です。

加工なし、両面テープ、アドヘア、ホットメルトのいずれかをご選択ください。

4. デザインを選びます。

オーダーメイドにする場合、「自分でデザインを用意する」を選択してください。デザインデータはご注文の後でのご入稿となります。なお既成デザインも豊富に取り揃えていますので、そちらをご利用いただくことも可能です。

5. お見積り

ここまでご入力いただけましたら、すぐにお見積りさせていただきます。

●全体の流れ

1. お見積り

上記の流れでお見積り致します。同時に納期についてもお知らせします。

もし何かご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

2. ご注文

お見積り内容に納得いただけましたら、ご注文にお進みください。

3. データ入稿

封筒のデザインデータをご入稿ください。

4. お届け

ご入稿いただいたデータに忠実に印刷し、製袋します。

発送の際にはお知らせいたします。

完成した封筒がお手元に届くまで、しばらくお待ちください。

●まとめ

今回は、オーダーメイド封筒作成のお見積りからお届けまでの流れをご紹介いたしました。オリジナルの封筒印刷なら、ぜひ弊社にお任せください。年間生産量1億6000万袋超の実績

を持ち、圧倒的な品揃えとデータベースを誇る弊社が、責任もってお客様のご希望に対応させていただきます。

 

封筒・紙袋通販.comトップページ